Home >作業事例 >17.5mmフィルムのデジタル復元

17.5mmフィルムのデジタル復元

サウンドトラックが付された17.5mmフィルムは、35mmフィルムを縦に切断して作られたフィルムで、
1933年にフランスのパテ社が特許を取得して以降、1940年代までのわずか十数年間生産されました。
日本でも1930年代半ばから1940年代にかけて普及しました。
国際トーキー社は終戦後の1949年頃まで縮写版を製作したが、1950年代になると17.5mmフィルムの
時代は終焉をむかえました。
準備開始からおよそ3ヶ月半の日時を費やし、弊社技術スタッフは17.5mmフィルムのテレシネ作業に成功しました。

Page top