Home >フィルム・テープ一覧

フィルム・テープ一覧

こちらでは、多岐にわたるフィルムのテープの種類についてご説明します。今、ご自宅などにあるフィルムやビデオテープのうち、下記に該当するものはありますでしょうか。弊社で作業可能なもののうち、代表的なものを列挙しましたので、これ以外のテープなどを見つけられた際もご相談ください。

フィルムの種類

●W8ミリフィルム

「レギュラー8」「スタンダード8」「ダブル8」などと呼ばれる幅8ミリのアマチュア用映画フィルムです。このフィルムは16ミリフィルムを往復撮影し、現像後、半分に切断して幅8ミリとしました。パーフォレーションが16ミリフィルムと同じなのはそのためです。


●S8ミリフィルム

「シングル8」「スーパー8」と呼ばれます。幅はダブル8と同じ8ミリです。 ダブル8と比べるとパーフォレーションが小さくなり、その分画像面積が約1.5倍に拡大し画質改善がなされています。更にシングル8にはフィルムの両端にマグネチック(磁性体)が塗布された物があり、音声の録音ができます。


●8.75ミリポジフィルム

幅が8.75ミリ、このフィルムは1970年代に中国国内で教育などの目的で使用されたフォーマットです。35ミリフィルムを4等分したもので特殊なフィルムです。音声はマグネチックで録音されています。弊社ではこのフィルムもテレシネ作業を可能にしました。


●9.5ミリフィルム

幅が9.5ミリ、パーフォレーションがセンターにある独特の形態が特徴のフィルムです。8ミリのダブル8で比べると、フィルム幅は約2割増なのに画像面積は約3倍もあります。


●16ミリポジフィルム

幅が16ミリ、片側にパーフォレーション、反対にオプチカルのサウンドトラックがあります。両側ともパーフォレーションの物もあり、俗に両目と呼ばれる物もあります。(現在ではあまり見かけなくなりました。)


●16ミリポジマグネフィルム

幅が16ミリ、片側にパーフォレーション、反対にマグネチックを塗布したフィルムです。マグネに音声を録音します。他に、マグネを塗布した物にリバーサルフィルムがありニュース取材の同録などに使用されました。


●16ミリネガフィルム

幅が16ミリ、片側にパーフォレーションがあります。両側ともパーフォレーションの物もあり、俗に両目と呼ばれる物もあります。サウンドトラックは何もなく、音ネガとペアでポジを作ります。


●スーパー16ミリネガフィルム

幅が16ミリ、片側にパーフォレーションがあります。特徴は、サウンドトラック部まで映像を記録することができ、ほぼ16:9の画格サイズになります。


●16ミリネ音ガフィルム

幅が16ミリ、片側にパーフォレーション、反対にオプチカルのサウンドトラックがあります。ネガフィルムとペアで、ポジを作る時に使用します。


●シネテープ (スタンシル)

幅が16ミリ、片側にパーフォレーションがあります。全体に磁性体が塗布されており音声を録音します。洋画の日本語(バイリンガル)用や、音ネガのかわりにも使用します。


●35ミリポジフィルム

幅が35ミリ、両側にパーフォレーションがあり、パーフォレーションと画の間に2トラックのサウンドトラックがあります。主に映画などを主体に使用され、音声も2トラックのオプチカルによってステレオで収録が可能です。


●35ミリネガフィルム(スタンダード)

幅が35ミリ、両側にパーフォレーションがあります。音声トラックはなく、音ネガやシネテープが音源となります。映画などの場合これからマスターポジを起こして作成します。


●スーパー35ミリポジフィルム

幅が35ミリ、両側にパーフォレーションがあります。サウンドトラックの部分まで画があるのが特徴です。


●スーパー35ミリネガフィルム

幅が35ミリ、両側にパーフォレーションがあります。サウンドトラックの部分まで画があるのが特徴です


●35ミリ音ネガフィルム

幅が35ミリ、両側にパーフォレーションがあります。パーフォレーションの内側に2トラックのオプチカルがあります。画ネガなどとシンクロさせて音源として使用します。



 

 


テープの種類

1インチビデオテープ U-maticビデオテープ

D2−Lテープ D2−Mテープ

βcam−Lテープ βcam−Sテープ

Dβcamテープ βcam-SXテープ

HDCAMテープ HDCAM−SRテープ

DVCAMテープ DVCPRO(25/50)テープ

D3テープ HDD5テープ

 
MUテープ  

VHSテープ VHS−Cテープ

Hi8テープ DATテープ

SPレコード 6mmテープ

Page top