1/2インチオープンリールビデオ

今日は1960年代に家庭用VTRとして製造されていた 1/2インチオープンリールビデオについてレポートするよ!

1970年代から家庭用VTRとして広く普及したのは、カセット型のベータマックス(1975年~2002年)・VHS(1976年~2016年)だけど、それ以前はオープンリール型のビデオテープが使われていたんだ。テープ幅はカセット型と同じ 1/2インチだよ。

1/2オープンリールテープ

当初は各メーカー独自の規格(シバデン方式やビクター方式など)で作られていたんだけど、1969年に規格が統一されたんだよ(統一Ⅰ型)。

1/2オープンリールテープは1960年代~70年代にかけて家庭用として製造された映像記録媒体として貴重なんだけど、もっと貴重なのが再生機!特に、統一Ⅰ型以前のテープは専用の再生機が必要になるんだ!!

ビクター
シバデン
ソニー

それと、テープも古いのでとっても汚れているんだ。まともに映像が出ないものもたくさんあるよ。だから、テープクリーニングがとっても重要なんだよ。

古い機械なので時々不機嫌になるけど、なんとかご機嫌取りをしながら使ってマス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です