解像度あれこれ

こんにちは!今回は「解像度」について紹介するよ!

「ハイビジョン」や「4K」ってよく聞くけど、何が違うのかな?4Kの映像はとてもキレイ!ってことは何となくわかるよね。この「ハイビジョン」とか「4K」っていうのは解像度のことを表しているんだよ!

ちなみに「ハイビジョン」というのは日本だけの表現で、正式には「High Definition(HD)」というよ。

映像データを構成している「ピクセル」と呼ばれる点の数が多ければ多いほど、「解像度が高い」=「キレイな映像」になるよ。映像データの解像度は[画面横のピクセル数×縦のピクセル数]で表されていて、「4K」は横のピクセル数が4000相当で「4K」とよばれるんだ。

1000mを1km、1000gを1kgというように「K」は1000倍という意味だよ。

東京光音では上の図にあるように、どんなところで使われるかによって適した解像度を推奨しているよ。よくわからないことがあれば、東京光音までお気軽に問い合わせて大丈夫だよ!

ちなみに・・・僕たちフィルムは16mmフィルムで2K以上、35mmフィルムだとなんと4K以上の情報量があるといわれているんだ!(せっかくなら高解像度でキレイなデジタルデータにしてほしいな~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です