KO-ONくんの技術スタッフインタビュー~第6回~(後編)

こんにちは!東京光音でフィルムやテープのダビング、修復作業をしている技術スタッフにお話を聞いてみたので紹介するよ!前回に引き続き、フィルムのデジタルレストア作業(キズ・パラ消し、デジタル修復)担当のスタッフのお話をお届けするよ。

デジタルレストアの作業をする上で大切にしていることはありますか?

映像を観る人の目線がいきやすい部分は、特にキレイに仕上げられるように意識しています。例えば、映像内に登場する文字や、人物の顔の周りは特に注意して作業をしています。
あとは、仕事柄1日中座ったままでいることが多いので、作業効率を保つためにも定期的に体を動かすようにしています。

映像を観る人がどこに注目しているか、考える必要があるんだね。
デジタルレストア作業の好きな瞬間について教えてください!

やっぱり作業前と作業後の映像を見比べたときですね。あの達成感はたまらないです。

何万枚もの画像をチェックするんだから、達成感はとてつもないよね…!
では、最後に東京光音はどんな会社だと思いますか?

「とりあえずやってみよう」の精神が強い会社だと思います。
お客様からの修復・復元のご相談についてももちろんですが、Youtubeの『視聴覚資料アーカイブ講座』やブログ、Twitterの開設など、常に新しいことに挑戦する「アグレッシブ」な会社だと思います。

僕がこうしてスタッフさんのお話を聞けているのも、そんな「アグレッシブ」な姿勢のお陰だね!
今日は貴重なお話をありがとうございました!

昔の映画やドラマの映像、キズが目立つフィルムの映像を映像データ上でキレイに修復するがデジタルレストア作業なんだ。
とっても細かくて根気のいる作業だけど、映像の上映や放送を楽しみに待っている人たちが、少しでもオリジナルに近い鮮明な映像で観られるように、今日もレストアのスタッフさんが一生懸命頑張っているよ!

そして残念だけど、去年の8月から始まった技術スタッフインタビューも今回で最終回!
フィルムやテープの作業ついては知ってるつもりだったけど、改めて作業の詳しいお話やスタッフさん達の意外なエピソードをたくさん聞けて楽しかったな~。
まだまだインタビューできていないスタッフさんもいるから、近いうちにまたやるかもね♪

技術スタッフの皆さん、ご協力ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です