DVDダビングオプション

「DVDダビング」サービスのオプション作業

カビが生えてて見られないかも・・・ テープが切れていて心配・・・

このように思っているお客様へ

東京光音なら、オプションサービスがあるから安心です!

①120分以上のテープ(分数超過)(100円/10分)

ビデオテープの収録分数が、120分を超える場合は、複数枚のDVDへの分割仕上げとなります。その際には、10分毎に追加料金が発生します。

②海外放送規格((基本料金×1.5倍)円/1本)

世界にはいくつかのアナログメディアの映像方式があり、日本が採用していた映像方式は「NTSC方式」と呼ばれるものです。これは、開発したアメリカを中心に日本、韓国、台湾、フィリピン、中南米(主にブラジルを除く)などで採用されています。

しかし、世界には、その他「PAL方式」「SECAM方式」といった映像方式があり、これらのビデオテープは日本国内では再生できません。

東京光音の「DVDダビング」サービスでは、「PAL方式」「SECAM方式」にも対応。海外のビデオテープで撮影された映像も、キレイにDVDにダビングします。

カビ取りクリーニング(3,000円~/1本)

ビデオテープにとって、日本の高温多湿な環境はとても厳しい環境です。どんな条件下で保管していても、必ずテープ部分に劣化の症状が見られます。

劣化症状の代表的なものとしては、磁気テープ部分に白く付着する「カビ」が挙げられます。ビデオテープの窓から見てわかるほど真っ白に広がっている場合と、リールに巻かれているテープ表面に部分的に発生している場合があります。そのため、長い間保管されていたビデオテープは、必ず中身を開けてテープの状態を確認する必要があります。

一度劣化を起こしてしまったテープをそのまま再生しようとすると、テープ同士の癒着によりテープの切断、またはビデオの再生デッキにダメージを与えてしまう可能性もあります。ビデオテープ本体だけでなく、テープを再生するビデオデッキ自体も、今後修理や購入がさらに難しくなるため、テープと合わせて慎重に扱う必要があります。

熱処理/貼り付きがあるテープ(3,000円~/1本)

湿度が高い環境で保管されたビデオテープは、磁気テープが癒着してしまうことがあります。

テープ同士の貼り付きがひどい状態のテープは、熱処理を施しテープがやぶれてしまわないようにします。

切断補修(500円/1箇所)

切れてしまったテープの補修を行い、再生可能な状態にします。

※テープ補修では、切れている部分を取り除いて、接合するため、映像が一部カットされます。

チャプター画面作成(200円/1項目)

DVDを作成する際に、チャプター画面を付けることが出来ます。

DVD複製サービス(1,300円/1枚)

ビデオテープ・8㎜フィルムからダビングした映像を収録したDVDと、同じ内容のDVDの複製をご用意することが可能です。

お申し込みはこちら
DVDダビングへ戻る